このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

現場指導なら
Bring-growth

CONCEPT

ブリング・グロースは「出来ないことが出来るようになる」ことが成長だと考えます。
同じ役職者でも出来ないことが
「同じ」ということはありません。

1人1人の「出来ない」に寄り添い「出来るようになる」
現場指導ができるのは
ブリング・グロースの強みです。

現場指導の
3つのポイント

仕事ぶりの観察
部下・上司への言動に対しての指導やアドバイスの指摘を行い、関わり方の改善を促す。また職場環境の不備(5S、キマリの維持など)のチェックと改善の指導する。
面談
PDCAシートを活用し、本人に目標設定させ、それが出来たかどうかの進捗確認を行う。出来たときは何が良かったのか、出来なかったときは何が悪かったのかを深堀りする。
報告書の指示
現場指導を受けた後に報告書の提出を義務付ける。提出された報告書は添削して、本人また依頼主(経営者、上司、人事担当者)に共有する。
報告書の指示
現場指導を受けた後に報告書の提出を義務付ける。提出された報告書は添削して、本人また依頼主(経営者、上司、人事担当者)に共有する。
ハイパフォーマーの育成
人が育つ
環境・風土・文化の醸成

事例紹介

施設/各プロジェクト委員長
◆問題点
プロジェクトのトップなのにプレイヤーとして各部署で作業を行ってしまう。(原因:人手不足と生産性の低さから、本人が作業をすることで業務が進むから)

指導方法
ボトルネックの洗い出し+現状の資源の可視化(人・物・金・情報・時間)→効果的な資源の活用方法を導き出させる(キマリの作成と徹底方法など)
  
結果
マネジャーとして全体を俯瞰して見る力と発見された問題に対し適当な施策を打つ力の向上。
ショップ/営業リーダー
問題点
会社の方針に賛同できず、退職を考えていた
(自分の考えが正しいと勘違い)
(原因:会社の方針と取り組みを一致させられて
 いなかった+自分の立ち位置が見えていなかった)

指導方法
方針と取り組みを一つずつ丁寧に解説し実施させるの繰り返し。今の役割・使命を果たすことに集中させる。
(範囲外の発言には注意と指導を行った)
  
結果
本部指示を肯定的に捉え、積極的に行動に移せるようになった。 (エリアマネジャーへも昇格)
事務職/係長
◆問題点
自己流で仕事をしており、判断基準は自分の価値観だった。それが姿勢や言動にも現れていた。(原因:客観的に自分を見ることが出来ていないため、判断を間違えていることに気づかない) 

◆指導方法
何がダメか、何故か、どうすれば良いかを説明し、理解させ、納得させ行動変容につなげる。  

◆結果
お客様、上司、部下への態度や発言に変化あり。経営者の意向に沿った行動がとれるようになった。
ショップ/営業リーダー
問題点
会社の方針に賛同できず、退職を考えていた
(自分の考えが正しいと勘違い)
(原因:会社の方針と取り組みを一致させられて
 いなかった+自分の立ち位置が見えていなかった)

指導方法
方針と取り組みを一つずつ丁寧に解説し実施させるの繰り返し。今の役割・使命を果たすことに集中させる。
(範囲外の発言には注意と指導を行った)
  
結果
本部指示を肯定的に捉え、積極的に行動に移せるようになった。 (エリアマネジャーへも昇格)

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。